メイン | 2009年7月 »

2009年6月の24件の投稿

2009年6月 5日 (金)

油冷エンジンって水冷と空冷とどう違うの?

スポンサードリンク

あぁ、以前そういえば普通二輪の免許を取得したとき、バイク買うなら何がいいかなぁ~とバイク関連の雑誌を読みあさり、色々候補をあげていくという作業がほんと楽しかったことを覚えているでやんす^^

その時にはそれなりに気にしていたエンジンの種類なんですけど、みなさんはどれくらいバイク搭載エンジンについての関心がおありでしょうか?

エンジンの種類はまぁ、水冷、空冷、油冷ってのしか知らないんですけども、その中でもエンジン性能を効率よく引きだし、うまく維持してくれるのはどれかと考えた時に、わたくしめはなんとなーくですけども、水冷エンジンなのかなぁと思っているんですね。

これって言葉の通り水(クーラント液)でエンジンを冷却するタイプのエンジンでございますね。昔乗っていた250ccのバンディットは水冷エンジンでしたけど、結構そのクラスのバイクにしては良く出来ていたと思います。空冷用のフィンも付いてましたし、冷却ファン装置もあって万全の設計でしたですね。

わたくしめは当時、バイク選びの時には水冷エンジンにこだわっていたのですよ。
なぜかって、空冷エンジンは夏に弱く、油冷も同じだと思っていたので、なら水冷だなぁと単純に考えていたからなのです^^;

まぁそれぞれのエンジンには長所と短所があるだろうから、どれがよくてどれが悪いってのは一概に言えないんですけどね。ただコスト面で言えば、油冷エンジンがいいんじゃね?と今では思っています。

クーラント液はいらないから交換の手間チンも不要だし、それにクーラント液の交換って意外と自分でやるのはかなり面倒くさそうだし(笑)実際サービスマニュアルを見てもとっつきにくい作業だったので、いつもショップでやってもらってましたね。

じゃあじゃあ、空冷と油冷の違いってなんなの?似たようなもんなのか?と疑問がでてきまして以前調べたんです。果たしてどっちが構造的に優れているのかと。

んでわかったことは、

普通の空冷エンジンは、オイルがカムまわりからオイルパンの間を循環するものの、十分なシリンダーヘッド(燃焼室上部)部分の冷却ができないとのことなのだそうです。

それに対して油冷エンジンは、空冷エンジンと同じオイル潤滑経路構造を持ち、なお且つ別個にシリンダーヘッドの冷却経路をも備えており、それによって直接圧送されたオイルをシリンダーヘッド部に吹き付ける仕組みになっているということのようなんですね。

つまり、この二種類のエンジンのうち実際乗っててどう違いがでるかというと、夏場の過酷な状況において、空冷よりも油冷の方がオーバーヒートしにくいっちゅうことなんですねーたぶん。

まぁこの油冷エンジンも水冷エンジンの冷却効果には勝てないというのもあって、今では油冷エンジンは廃れた感がしますけども、わたくしめは油冷好きでっせぇ~!コスト面で助かるんで(結局なんだかんだ言って、お財布事情で選ばざるを得ないのでございまった・・^^;)。

2009年6月 4日 (木)

二年に一度の車検がネックに・・だが、しかぁーし!

スポンサードリンク

今まで250ccのバイクに甘んじて乗っていた理由というのは、なんと言っても二年に一度の「車検」の存在でした。

この車検があるから、大型には乗りたいけれども費用がかさむから、なかなか乗り気にはなれなかったのですよ^^;

でも大型の免許を取得してからすでに8年が経過しており、もうそろそろ乗り換えた方がいいんじゃね?みたいな考えにもなって、ようやく(微妙だけど)念願の大型バイクを中古ですけど購入してしまいましたのです。

それもちょうど良いタイミングで、そのころ行きつけのショップに県外に引っ越しする理由で、前オーナーが手放したという大型バイクがあるとのことでした。それが今の愛車GSF1200であったのですね。

型式は平成9年式だったかな?確か。
マフラーも純正ではなくヨシムラのカーボンマフラーで、値段もお手頃、バイクがないと生活スタイルも変わっちゃうし・・バス通勤はいやじゃぁ~!早起きするのは無理やし(笑)・・っと、そうきたらもう買わない理由はこれ以上見つかりまへんで、ローン組んで購入しちゃいました^^

今はもうローンも終わったし、結果買って良かったと思ってるしね~。

あ、んで結局、ネックだった車検はどうなったのか?というと・・・フフフのフ~(^・^)
なんとまぁ、奇抜な発想でその壁を乗り越えてしまったのですよ~♪今ではもう車検のことで悩むことはないのです。もう今後二度と出費で頭を抱えることがないんですねーこれが。

それはいったいどういうことなのか?というと・・それはつまり~

ユーザー車検で無事乗り切ってしまったのです♪♪

すいまへん、でかでかと(^^ゞ

いやなにせ、初の大型バイクで、人生初の車検で、いきなりぶっつけ本番で車検場に行き、なんとかその日の内に、無事車検を終わらせてしまったという快挙を成し遂げてしまったのでした♪めっちゃチャレンジャーやし、自分(笑)

ほんとまさかこんな難しそうな壁を乗り越えることができるなんて初めは思ってなかったので、車検終えたあとの安堵感と達成感は無性に嬉しかったですよ~(^v^)

なんてったってショップに車検を頼むと、整備料やら代行手数料やら含めて軽く4万円近くもぶっ飛びますからね、お財布事情を考えるととーっても痛いんですよねぇ。

まぁそんな感じなので、今では車検を気にすることなく快適バイクライフを満喫できてるわけですよ。とりあえず、どうやって車検を乗り切ったのかマニュアルをのちのち作ろうと考えておりますのです。

まぁ気長にお待ちくださいな(*^^)v

2009年6月 3日 (水)

バイク遍歴

スポンサードリンク

わたくしめが今まで愛車として可愛がってきたバイクについて話しますけど、12年間バイクに乗り続けてきてまだ2台しか遍歴がなく、その点で言うとかなりのエコ実践者と見ることができます(笑)バイクを大事にするのは、バイク愛好家にとっては必須なのは言うまでもなくですな^^

最初に乗っていたのはイエローブラックのバンディット250V、カウルなしでございました。
このバイクには8年間あまり乗り続けてましたね。

えーと、中古で購入して約32,000km程しか走っておらず、主にロングツーリングとかには行かずにいわばストリートユースでありました。乗る機会と言ったら通勤の時と、ちょこっと買い物に出かける時くらいですな^^;

え?なんですか・・彼女とのデートには使わなかったのかって?

・・えーあんまりそこには突っ込まないでもらえます?(笑)

まぁそれなりに乗っていたからには、メンテナンスもできるところは自分でやってました。
スパークプラグ、オイル、フィルター、メーターランプ、エアクリーナーの調整と交換、クラッチケーブル、チェーンの調整、パンク修理、その他各部の清掃などを暇さえあればやってましたね。

一度やってしまうと、ほんとにショップに持ち込まずに自分でできるので、安上がりでしたよ。
どこでそのやり方を覚えたのかと言うと、これ全部ショップで交換作業などをやってもらってる時に、こっそりやり方を見て覚えちゃいましたのです(笑)

なんでも見てまねすることが、上達の秘訣です。
そうやって自分でメンテすることで、愛着も湧きますし、いざという時に非常に役に立ちます。

しかし、そうやってメンテできるのも寿命がくるまででした。

それは突然やってきまして・・ある時、いまだ手をつけたことがないパーツで、ショップ店員に「フロントフォークのオイルをもうそろそろ換えないといけませんねぇ~」と言われ、交換することになりまして。

交換パーツが揃い、さぁーいざ交換!って時にどうやらシール部分が相当痛んでいたらしく^^;
そりゃあね、かなり錆びがきていたし、もうそろそろ交換しないとやばいなぁとは思ってたんですけど、それが災いしてまるごと一式交換しないといけない状態だったのです。

そこで、店長に大型バイクへの乗り換えを提案されまして、結局乗りかえることになりましたのです。

手放すのは残念でしたけど、次の愛車は排気量がグーンとグレードアップした、新たなバンディット、GSF1200であったのでございます♪

まぁそれが2代目の今乗ってる愛車なんでございますよ^^

もちろんメンテも今までどおり自分でやっておりますけど、この大型クラスに乗りかえるのにはちょっとためらいがありました。それが8年間も250ccの奴に乗っていた理由の一つなのですけどね。

まぁその理由は次回にでも書きますよ。。

バイクが趣味なんだけど・・

スポンサードリンク

ん~今日から趣味のブログを立ち上げてみました。
さぁて、とりあえず何から書いていいかわからないので、適当に自己紹介いたします。

わたくしめ、長崎にお住まいの見た目20代、ブサメン?のおっちょこフリーター、猫太郎♪と申しますです☆あ、実年齢は軽くスルーの方向で・・^^;

そんなわたくしめの趣味は、大型バイクで主に市内を乗りまわし、自然と戯れるのもまんざらではないと感じている、一見掴みどころのない奴だとたまに言われるくらいの、自分で言うのもなんですけども天然野郎でござーますのですf(^^;

まぁ暇を見つけては今後更新していくつもりではありますけども、いくつかブログを掛け持ちしている関係で、しょっちゅうは更新できないことも多々あるかと思われます・・。

まぁ、主にこちらではバイクに関しての今自分が持っている知識や情報を公開というか、趣味ネタをただ載っけていくだけのシンプルな記事になるという感じなので、とりあえず。

・・まぁまぁそんな感じですので、よろしくです^^
以後お見知りおきをば(^^ ゞ

スポンサードリンク

フォトアルバム

いらっしゃいませぇっ

  • 只今~

     名様の

    のお見えでぇ~す♪

    御来客の皆さま

    どーぞゆっくりとご閲覧ください^^

バイク関連キーワード検索用

  • カスタム検索

ブログ内キーワード検索用

  • カスタム検索

ぷちセコム中☆

楽天市場

バイク関連アイテム