« バイク模型・・SUZUKI GSX 1300R 隼 (ハヤブサ)編 | メイン | スズキGSF1200のカスタム »

2009年6月27日 (土)

GSF1200 ってこんな性能のバイクだぞ。

スポンサードリンク

わたくしめが今乗ってるGSF1200について、今から購入しようかと考えている人もいるかもしれないので、参考になるかどうかわかりませんけどちょっとだけ、どういったバイクなのか説明したいと思います。

わたくしめのバイクの場合マフラーだけをカスタムしており、その他のパーツはノーマルなままです。バンディット250からいきなり大型のバイクに乗り換えしたんですけど、意外と車重は気にならなかったんですよね、おかげで取りまわしはあまり苦にはならなかったんです。

あ、もしかしたらわたくしめは体鍛えてるんで、そんなに重さを感じてないだけなのかもしれませんけども^^;

ただ例外もありはします。立ちゴケした時に、本体を起こす時が大変なのです・・これは女性には厳しいものがあると思いますよ^^;

他の気になる点としては、クラッチが油圧式だからかどうかは知りませんけど、結構クラッチを切る時は重く感じます。まぁバイク全般に言えることかもですけど、握力がそれなりに必要です。もっとも握力が必要だなぁと実感するのは、ロングツーリングをしている時、市街地で頻繁に信号停止、発進する時ですね。

それだけ長くバイクに乗っている時間が多いと、左手が痛くなってきますのです^^;
途中からクラッチ切るのが苦になってきますのです。だからまぁ女性向きではないでしょうねぇ。もしこれを改善するのであれば、クラッチホース自体を変えてしまうのもありだとは思います。

ちなみに握力を鍛えるのに、40kg位のハンドバーで鍛えるようにしているのですけど、まぁ、最近はさぼってばっかですがね(笑)

おそらくなにがしかの筋力トレーニングをしていないと、乗り続けていくのは苦になるかもしれませんねぇ。これはそんなバイクだと思います。要するに男向けなのですよ。

でも維持費などの点でいえば、クーラント液を使う水冷車に比べてこの油冷のバイクは、冷却媒体がオイルだけなので、小コストで済むメリットがありますね。

逆にデメリットと言えばエンジン周りが走行中ものすごく熱くなりますので、触ろうものならやけどしますです^^;

特に夏場はタンクをはさんだ足に熱風がダイレクトに当たります^^;
これが結構ストレスになるかもですね。

あとバイクを駐車する時は歩行中の子供が触れないような配慮が必要になることもありえます。

相当熱いので、いつも帰宅する時はエンジン周りにちょびっとずつ水をかけて、ある程度冷ましたあとカバーをかけてます。

ん~あとはなんだろう?

あぁ、スパークプラグを交換する際、タンクをわざわざ外す必要がないからメンテナンスしやすいことですかね。エアクリーナーを交換する時には外さないといけませんけども。

あとは、見た目が気に入るかどうかの個人の好みの問題になってきますね。
エンジン音が好きだとか、カスタムのし甲斐があるとか、馬力があるとかそんな感じです。

ちなみにわたくしめが乗っているバイクって平成9年型で、そのエンジンのトルクが最高値に達するまでのエンジン回転数が4000rpmと低いんですよ。つまり上手くスピードを加速させるには、4000rpmを少し超えた所で次々とギヤチェンジさせると良いのですね。

そうすることで素早いスタートダッシュが期待でき、効率良く加速できるということなんです。
ここがGSF1200の最大のメリットだと思いますね。他の同クラスのバイクにも引けをとらない性能を発揮してくれています。

取りまわしはしやすいし、性能もいいし、ストリートユースの自分にはモッテコイのバイクだと思っていますです^^

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/437961/20373011

GSF1200 ってこんな性能のバイクだぞ。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

スポンサードリンク

フォトアルバム

いらっしゃいませぇっ

  • 只今~

     名様の

    のお見えでぇ~す♪

    御来客の皆さま

    どーぞゆっくりとご閲覧ください^^

バイク関連キーワード検索用

  • カスタム検索

ブログ内キーワード検索用

  • カスタム検索

ぷちセコム中☆

楽天市場

バイク関連アイテム