« バンディット1200(GSF1200)のオイル&フィルター交換マニュアル完成♪ | メイン | バイクオイル添加剤について、その効果云々を調べてみた。 »

2009年6月13日 (土)

オイル交換時、フラッシングオイルの必要性は?

スポンサードリンク

今日は以前オイル交換でフラッシングオイルを使ったことがあるので、それについて書いてみます。えと、これはバンディット250に乗っていた時の話です。

よくバイク関連の雑誌とかを読んでいたので、このフラッシングオイルというのが目に入り、一度使ってみようと思ったのがきっかけでした。

イメージ的には、エンジン内部のスラッジやシリンダーヘッド内のススとかを綺麗に掃除してくれる~的な想像をしてたんですよ。確か商品紹介にもそんな感じで書かれてあったかのように記憶してます。

で、いざフラッシングオイルを注入して、アイドリングすること何分位だったかなぁ?・・
手順どおりにあとは普通にオイルとオイルフィルターを交換しましたけども・・

別にそんなオイルが異常なくらい汚れて出てくるわけでもなく、いつもとそんな変わらない感じのただの用済みなオイルって感じでしたんですね。

で、結局どれだけの効果があったのか?はまったくもって不明なのでした^^;
別にエンジンの吹けが良くなったと感じることも、エンジン音が静かになったとか、その後のエンジンの不調も特にはなく、ん~なんも変わらんなぁーというのが率直な感想です。

ていうか、今でこそネットで色々調べられるのでわかるんですけども、結局普段から定期的にオイル交換をやってれば、そんなものいらないようですね。逆にエンジンを痛めるとか、下手するとオイルが漏れたりするとか、そういう意見の方が多数いらっしゃるみたいで、実際バイクショップにオイル交換を頼んでもそんな余計なことはしてなかったですし、見たことがないんですよねぇ。

だからどういう状況の時にフラッシングオイルを使ったほうがいいのか?がいまいちピンとこないんです。

普通にオイル交換さえしてれば特に問題はないのだな?ということで、今ではフラッシングオイルは使ってませんけども、一度ショップにその辺の話を聞いてみようかなとも思いますね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/437961/20163119

オイル交換時、フラッシングオイルの必要性は?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

スポンサードリンク

フォトアルバム

いらっしゃいませぇっ

  • 只今~

     名様の

    のお見えでぇ~す♪

    御来客の皆さま

    どーぞゆっくりとご閲覧ください^^

バイク関連キーワード検索用

  • カスタム検索

ブログ内キーワード検索用

  • カスタム検索

ぷちセコム中☆

楽天市場

バイク関連アイテム