« バイクオイルはモチュールか?ワコーズか? | メイン | バンディット250のオイル&フィルター交換マニュアル完成♪ »

2009年6月11日 (木)

バンディット250のオイル、フィルター交換手順♪

スポンサードリンク

えーと今日は、以前持っていたバンディット250V(V/VZ/~)オイル交換手順を、実際にわたくしめがやっていたのをまだ記憶に残っているうちに、書いておこうと思います^^ 

※なお読み進めるにあたっては基本、ナットやボルトの締め方、工具の使い方などはあらかじめ押さえておいてくださいね^^

まず用意するもの。

オイルパックリ(4㍑以上入るものを推奨)

【T-E】【382】廃油をゴックン!オイルパックリ/4.5L

価格:370円
(2014/4/7 00:26時点)
感想(0件)

オイル受け皿

エーモン工業 [1600] オイル受け皿5L 1600【5400円以上送料無料】【おしゃれ おすすめ】【RCP】【最安値挑戦】02P05Apr14M

価格:441円
(2014/4/7 00:28時点)
感想(0件)

オイル約3㍑・・オイル交換のみなら2700ml、
フィルター同時交換時は3000ml必要(お好きなメーカーを)

WAKO’S / WAKOS / ワコーズ PRO-S / プロステージS / プロステージエス 1L缶  100%化学合成エンジンオイル  0W-30 / 10W-40 / 15W-50  【4輪エンジンオイル】

価格:1,522円
(2014/4/7 00:29時点)
感想(12件)

WAKO's ワコーズ4CT-S エンジンオイル 1L缶 フォーシーティーエス 10W-50

価格:1,790円
(2014/4/7 00:30時点)
感想(0件)

MOT46 MOTUL (モチュール) 5100 4T 10W40 4ストローク エンジンオイル 3081QTA (946ml) ○

価格:1,625円
(2014/4/7 00:33時点)
感想(13件)

オイルフィルター、オーリングオイル交換2回に一度の割合で交換する

新品 NTB製 オイルフィルター スズキ 91~97年式 バンディット250用 SO-3010

価格:617円
(2014/4/7 00:35時点)
感想(1件)

ドレンプラグ、ワッシャー・・これはバイクショップで手に入れるしかないです。パーツリストがあるならそれを見て、注文することもできます。大体ワンセットで100円するかしないかです。あと、使いまわしはあまり推奨しません・・ワッシャーを外すのが大変なので^^;

なおマグネット付きのものもあります、高いですけど(笑)

バンディット250(BANDIT) ワイヤーロックドレンボルト KIJIMA(キジマ)

価格:810円
(2014/4/7 00:38時点)
感想(0件)

工具(スパナ、レンチ等)車載工具にあったか忘れたので、できれば別に用意していたほうが無難、二種類必要です。フィルター用のサイズは10mmのスパナかレンチ、ドレンプラグ用は17mmのメガネレンチが使いやすいです。

ウェス(ぼろ布)

作業用の軍手、ビニール手袋・・個人的には「帝人(テイジン)」のニトリル手袋がお勧めです。理由は今までバイク整備で使ってきた中で、一番耐久性に優れていると感じたからです(^^ゞあと、皮膚の弱い方など、経皮毒が気になる方は、粉なしのものが良いですね。理由は・・粉の成分がコーンスターチとのことで、これは遺伝子組み換えコーンのものなら、要注意・・だと個人的には思っているのでf( ̄◇ ̄;)

テイジン ニトリル手袋 粉なし 白 LL ≪1CS・100枚入り≫ 品番:NBRPF10WLL

価格:1,203円
(2014/4/7 00:50時点)
感想(0件)

パーツクリーナー(脱脂スプレー等)

GS パーツクリーナー 超強力洗浄剤 油落としクリーナー 840ml No.690

価格:177円
(2014/4/7 00:41時点)
感想(0件)

さぁこれらの準備が整ったら、いよいよ交換です♪

 

< 作業手順 >

①まずセンタースタンドがあれば、スタンドをかける。
次にオイル給油口の栓を外す。これはオイルが抜けやすくするためですね
次にドレンプラグを外しますが、左周りが外す方向なので、間違えないように!

ある程度ゆるめたら下にオイル受け皿を置いて、手で外します。
オイルが一気に流れ出てくるので、目や皮膚にかからないように注意すること!

②ある程度抜けたら、今度は軽くエンジンを始動してアクセルを数回程度回し、中のオイルをできるだけかきだしてあげる。これはやりすぎない程度にする(やっても20秒くらい)。ちなみにサイドスタンドの場合、バイクが傾いた状態なので左右に傾けながらやると、残りのオイルが出やすいですね。

③オイルが抜けきったらその後、新しいドレンプラグにワッシャーを取付けて、手できつくなるまで締めていきます。そしてレンチで締めつける前に、ドレンプラグ周辺に付着したオイルはウェスできれいにふきあげておきます。これはプラグを締めつける際に、きちんと必要なトルクがかかるようにするためです。

最後にレンチで締める時は締め付けトルクに注意すること!これは何回かやるとわかるのですけど、あまり無理やり締めつけるとナットがなめてしまうし、締めすぎると次回交換時に外れなくなる場合があるので要注意です。

まぁトルクレンチを使うっていう手もありはしますがねぇ~あまり気乗りはしまへんけど^^;

わたくしめは過去に締め付け過ぎて外せずに、ショップに持ち込んだ経験がありますのですよ(笑)下手するとオイルパンごと交換しないといけないはめになりますので、たんまり出費がかさむ最悪の事態になっちゃいますよ~^^;

④無事締めつけたら、新しいオイルを規定量入れていきましょう。最後に給油口の栓を閉めた後軽くエンジンをかけて、下からオイル漏れがしていないか確認すること。

⑤最後に使用済みオイルをオイルパックリに入れて、漏れないようにちゃんと結んだら終了です♪あと使用済みのオイルはお住まいの地域の処理の仕方に従いましょう。

 

< オイルフィルターの交換手順 >※この作業は上記の②と③の間で行う。

レンチかスパナで、3か所のナットをそれぞれ少しずつ緩めていき、覆っている蓋を取り外します。この時、中のオイルが漏れてきますので、オイル受け皿を下に準備しておいてください。

中にある古いフィルターを取り外したら、今度は蓋内部に古いOリングが付いているので、これを取り外します。新しいOリングに軽くオイルを塗り付けて蓋内側の溝に沿ってはめ込みます。

次に新しいフィルター本体を、車体に向きを確認して差し込むように取り付けること。ここで取り付ける向きがわからなくならないよう、最初に蓋を外した時点で取付状況を確認しておいたほうがいいですね。

あとは蓋をはめ、手でナットを締めつけていきます。あとはドレンプラグの時と同様、トルクをかけすぎないように、3か所同時にゆっくり締めつけていきます。これもまた注意しないと、中のボルトがあっけなく折れてしまいますので要注意ですよ!

実はわたくしめ、この部分も過去にボキッ!とやっちゃいまして新品のボルトを買うはめになりましたのです(苦笑)値段は安いのでコストは心配いらないですけど、あれはショック受けますよ、まじで^^;

締めつけたら最終確認のためにエンジンをかけ、オイル漏れがしていないかチェックします。オイルがにじみ出てくるようなら締め付けが足りないということですので、少しずつ締めなおしましょう。それが終わったら蓋周辺とエキパイに付着したオイルをパーツクリーナーでしっかりと脱脂します。これはしっかりと行っておくこと。

・・というわけで長くなりましたけど、以上がオイル交換の手順でござんす~^^

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/437961/20135267

バンディット250のオイル、フィルター交換手順♪を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

スポンサードリンク

フォトアルバム

いらっしゃいませぇっ

  • 只今~

     名様の

    のお見えでぇ~す♪

    御来客の皆さま

    どーぞゆっくりとご閲覧ください^^

バイク関連キーワード検索用

  • カスタム検索

ブログ内キーワード検索用

  • カスタム検索

ぷちセコム中☆

楽天市場

バイク関連アイテム