« 2009年6月 | メイン | 2009年9月 »

2009年7月の10件の投稿

2009年7月22日 (水)

タイヤ IRC-SP10の性能

スポンサードリンク

以前乗っていたバンディット250Vに使用していたタイヤは、「IRC-SP10」というやつです。このタイヤは比較的安くて、性能も良かったんです。

えーと耐久性も良くて、一度の交換で後輪の場合は大体11,000km走行できてましたよ。前輪については18,000kmも使えてました^^

まぁ、あたくしめの場合ストリートユースなんで、そんなにハードな走りをするわけではなかったので、持ちが良かったのかもしれません。バイクにはカバーをかけて紫外線で受ける劣化を防ぐようにはしてたし、良くメンテしてたので長く使えたのかもしれません。

このタイヤの特性は、ハードな走りでもそう簡単には熱ダレでドロドロにはならないらしく、あと路面の道路標示の上でもスリップしにくいということで、評判は良かったっぽいです。なにせサーキット走行で何度もテスト走行して、入念にデータを取りつつ作り上げていったタイヤらしいので。っていうかバイク雑誌でタイヤ比較の記事がありまして、そのように書いてました^^

まぁ性能が云々よりもコスト面で助かっていたので、これしか使う気にはなれなかったんですけども(笑)

耐久性もそこそこ良くて、コスト面でも安いタイヤってそうそうないかなぁと思います。

250ccのバイクにはこれで十分というタイヤでしたね、これ。

2009年7月21日 (火)

ガソリン添加剤は入れた方がいいの?

スポンサードリンク

昔の話なんですけど、ガソリン添加剤としてよくSTPのガストリートメントを使っておりましたんです。

これはエンジン内部の洗浄をすることで燃費を改善するし、タンク内の水抜きもしてくれ防錆効果もある、まさに一石三鳥のアイテムとして重宝してました。

しかも安いし、小遣い少なめのあたくしめにとりましてたいへんありがたかったんです。
でも果たして、どれだけの効果があったのかはわかりませんけどね^^;

あまり記憶に残っていないんで何とも言えないんですけど、少なくとも気休めにはなってました(笑)

謳い文句がいいんで、ついつい買ってたんですよねぇ^^
たまーに少しグレードの高いやつとかも使ってみたりもしてました。

今のバイクに乗るようになってからはまだ一度も使ってないですけど、どうなんでしょうね?

まぁハイオクガソリンを入れても同じような効果があると聞いたことがあるんで、必ずしも必要なアイテムではないようですけども。

あとオイル交換をこまめにしていれば、まったくガソリン添加剤は必要ないとの意見もネットでは見られますし、一度比較したほうがいいのかなぁ?

もし今度気が向けば、いろいろと比較してみようかとは思います。

2009年7月20日 (月)

バンディット250Vでクラッチケーブルの破損経験

スポンサードリンク

そういえばふと思い出したんだけど、以前バンディット250Vに乗っていた時のことでござんす。

ある日近くのスーパーに、バイクでお買い物に出かけましたのです。

さぁー今日はいっぱい買い物したどー、よっしゃあー!帰るか♪
とバイクに乗り帰路につく途中でそれは起こりました。

ギヤチェンジしようと思い、クラッチレバーを握った瞬間、あれ?クラッチがスカスカになった・・!!な、な、な!?、と慌てて道路の端にバイクを寄せ、事の重大性に気付きました。

クラッチケーブルが切れちゃった!?

んなバカなぁ・・。

と、途方にくれてもしょうがないんで、バイク屋に電話して現場に来てもらいました。
すると、やっぱりクラッチケーブルが切れているとのことで部品交換するはめになりました。

で、クラッチケーブルのエンジン側のカバーを外すと、ケーブルと本体を繋ぐ部品がぱっくり割れて破損していたのですよ!

これって壊れちゃうんだ・・と思いました^^;

まぁこの時の走行距離は42,000km、新車時納車から数えて約8年での出来事です。
何度も引っ張ったり戻したりしてると、金属疲労を起こし、劣化するんでしょうね。っていうかこの部分金属だったかなぁ?

なんかプラスチックっぽかったような気が!?

そんなこと・・はないか?^^;

まさかそんな重要部分にプラスチックは使わないでしょうしね。

それにしても、もしこれがツーリング中とかだったりしたらって思うと、ちょっと危なかったですね^^;

近場で壊れてくれてむしろよかったと思いましたです。

こういうことがあるからクラッチケーブルっていやだなぁ・・という思いこみがこの時の経験から、頭に植え付けられちゃいました^^;

今は油圧式のバイクなので、こういう心配はいらないですし安心です。

ってなわけでみなさん、走行中にこういう目に会いたくなければ、バイク購入の際にはクラッチが油圧式になってるバイクを選んだほうが無難ですよ。

定期的に各部のチェック&メンテをしていてもこうなってしまったので、っていうか素人には劣化しているなんて見分けつかないしねぇ^^;

なのでパーツの劣化は避けようがないということを頭に入れつつ、バイクライフをエンジョイしてくださいね^^

2009年7月18日 (土)

東京モーターショーに次世代バイク出品なるか!?

スポンサードリンク

以前バイク模型シリーズを紹介しましたけど、本日はとっておきのとっておき、なんと次世代バイクのご紹介です。

その名も、「フェンリル」と言いますのです。

Photo 2

ここで、「フェンリルって何?」

っと思われた方のために解説です。

3 4

これはあの有名なスクエアエニックスが放つ、ファイナルファンタジーシリーズのアドベントチルドレンに出てくる主人公、クラウドの愛車なんですよ。

5 6

このバイクがもしモーターショーに出るとなると、ものすごいファンが殺到することでしょー。

7 8
9

まぁ実用化はされないでしょうが、やっぱり実物を一目でも見てみたいですねぇ~♪
んで、クラウドが乗るとこーんな感じになりますのです。

5_2 3_2 2_2 Photo_3 4_3

ん~でも、もう少しリアリティが欲しいとこなんですけども、いかんせんこれプラモデルではなく、ソフビ系フィギュアなので、いまいち質感が劣ってます^^;

ま、ディスプレイ専用なんで良しとしてますがね♪

2009年7月12日 (日)

リヤサスの調整による乗り心地の変化って?

スポンサードリンク

そういえばわたくしめ、あまりリヤサスペンションの調整とかあまりしたことがないんですよね。特に理由とかはないんですけど、いつも標準の位置にセッティングしたままで走っています。

普通に街乗りしてる分には、大して調整しても意味ないしなぁ~っていう感じなのです。

でもこのパーツは峠を走る方にとってはこだわる部位ですよねー^^

このリヤサスを調整する工具は標準で車載工具の中に入ってはあるのですけど、なにせ相当固い部分なので面倒くさいんですよね・・っていうかそれがいじらない理由じゃんか!(笑)

固く設定すると、コーナーリングの時にバイクがどっしりと地面に接地している感覚がなくて、安心してバンク(傾ける)させることができませんのですね。

逆に柔らかめに設定すると、しっかりとしたタイヤと路面との接地感が得られ、安心して深くバンクさせながら、コーナーリングができるという違いが出るのですよ。

このことはバイク雑誌に乗っていたんで、実際に調整するとまったくその通りの走りが実感できましたね。

ちなみに普通の街乗りで、よく道路の段差があるんですけども、この上を通過する時に、お尻部にサスが固めの設定だとそんなに衝撃を感じることはなく、逆に弱めだと衝撃はかなりきます・・いや、あれ?逆だったかな??まぁいいか(笑)

たまにはリヤサスをいじって走ってみるのも、また違った走りが体感できるので気分転換にはいいかもしれませんね^^

2009年7月 5日 (日)

イリジウムプラグ比較☆デンソーかNGKか?

スポンサードリンク

さて今回は、イリジウムプラグについてあたくしめの体験と知識を元に、現状での見解をまとめて述べてみようかと思います^^

イリジウムプラグの有名どころはやはり、NGKデンソーでしょう。

さていったいどっちのプラグがいいのか?
どっちのプラグを買おうかなぁ~?

と悩んでいる方にアドバイスです。
とりあえず以下の項目に触れてみます。

①着火性能について
②耐久性について
③燃費について
④値段について
⑤使用環境について

えーわたくしめのバイク経験はスズキバンディット250VGSF1200です。両方ともプラグの比較をしておりますので該当するバイクをお持ちの方は参考になるかと^^

①の着火性能については経験上、断然デンソープラグです。
その理由は接地電極の形状の違いですね。以前バンディット250VNGKプラグとデンソープラグを実際に比較テスト走行をしたので、わかります(過去記事→イリジウムプラグの性能について )。ちなみにバイクそのものは一切カスタム、チューニングなしの初期ノーマル仕様でした。 

②の耐久性については、ほぼ同じだと思います。だって基本同じイリジウムなんだからね^^
ただバイクエンジンそのものが車と違って高負荷がかかるので、早めの交換になりはしますが少なくともノーマルプラグよりはましだと思います。

それと細かい部分を言えば、中心電極がデンソープラグの方が細いから、イメージ的に弱そうな感じがしないでもないですけど、その辺はきちんと設計されてるはずなのでそこまで気にすることはないでしょう。

③の燃費についてですけど、これははっきり言ってバイクの種類にもよりますし、走り方にもよります。でも基本的に双方多少なりとも燃費は改善されるはずです。あたくしめの場合はバンディット250Vでテストの結果、デンソープラグについては燃費改善効果はありましたよ。ただその高回転で回し続けた結果、燃費はノーマルプラグと同等になっちゃいましたけど^^;(過去記事→イリジウムプラグの性能について )。あとGSF1200の場合、NGKプラグとデンソープラグの両方とも燃費改善効果の差はあまり見られなかったです(過去記事→イリジウムプラグの比較テストをしてみました☆その結果は? )。

④の値段についてですけども、今のところNGKプラグのほうがお手頃ではあるみたいですね^^

⑤の使用環境についてですけど、あくまでもスパークプラグはパーツの一部ですから、プラグを変えただけでそこまでトルク感や加速感の変化を期待できない時もあるかと思います。

ガソリンの質、バッテリーの電圧、プラグコード、オイルの種類と粘度や状態、キャブレターとエアクリーナーの状態、取付マフラーの形状と性能、エンジンの特性(低、高回転高出力など)、チェーンの状態などこれらがベストな状態であればある程、効果はより感じられると思うんです。

んで、現時点での結論を書くと・・

①着火性能について・・デンソー>NGK
②耐久性について・・・・デンソー=NGK
③燃費について・・・・・・デンソー>NGK or デンソー=NGK(バイクのタイプや使用条件によりけり)

④値段について・・・・・・デンソー<NGK
⑤使用環境について・・デンソー=NGK(各パーツの状況次第でより性能が体感できる)

※記号の意味は値そのものではなく、メリットの大きさを表してますです。

もちろんこれは推奨交換時期が来るまでの目安として見てくださいね。

あたくしめのような一般のストリートユースなら、コスト的に安いNGKのプラグで十分だと思います。

逆にレースなど一秒単位でのスピードを重視するなら、デンソープラグがいいかもという感じです。あとは少なくともノーマルプラグよりかは耐久性はあると実感してますので、イリジウムプラグはおすすめではありますね^^

GSF1200用↓

★☆NGK・PLUGS☆★IRIDIUM IX・イリジウム IXDR8EIX [No,4816]

価格:842円
(2014/4/7 01:50時点)
感想(1件)

バンディット250用↓

★☆NGK・PLUGS☆★IRIDIUM IX・イリジウム IXCR8EIX [No,4814]

価格:896円
(2014/4/7 01:56時点)
感想(1件)

2009年7月 4日 (土)

バンディット250Vの冬場のエンジン始動方法

スポンサードリンク

昔の愛車バンディット250Vに乗っていた頃の体験を思いだしたので書いてみます。今は夏場なので書いてもあまり誰も気にもしないような内容ですけども、まぁ読んでください^^

よく冬場のさむーい朝バイクのエンジンがかからなくて、仕事に遅刻しそうな経験を何回かしたことがありました。

ちなみに使っていたオイルの粘度はメーカー指定の10W-40です。オイル自体はワコーズの4CTというグレードでした。これはエンジンオイルを新品に変えてようが、古いオイルであろうが関係なく起こっていましたので、どうしようもなかったわけですよ^^;

でもそのためにチョークが必要なわけですが、チョークを引っ張ってもエンジンがかからない時もありましたので、非常にやっかいでした。たまたま家のそばの道路が坂になっているので、例の押しがけの要領でいつもエンジンを強制的に始動させていましたね。

この方法は使う頻度が冬場では多かったです。っていうかほぼ毎日だったんで、面倒くさかったんですよねぇ^^;

しかもいざチョークを使おうとチョークレバーをオンにしようとしたら、レバー自体が動かないなんてこともしばしばでした(笑)もうこうなるとお手上げですよねぇ~まったく^^;

実はチョークレバーは二度錆びついて壊れた経験がありますのですよ。だってチョークレバーなんて年間を通じて一時期しかあまり使わない頻度のものだし、メンテナンスしたことがなかったんです。

そんなわけで、一度ショップに持ち込んでいったら直接エンジンのチョーク部分に輪っかを付けてもらいまして、その部分を直接指で引っ張りながらセルを回すという作業でエンジンをかけられるとのことでした。

まぁ実際は坂を降りながらエンジンをかける方が簡単だったので、付けた意味があまりなかったですけど、これは坂道が使えない方には便利な方法ではありますので、チョークレバーが錆びて動かなくなってしまったら、一度試してみると良いですよ~^^

2009年7月 3日 (金)

バンディット250Vのエンジン不調の原因

スポンサードリンク

そういえばバンディット250Vに以前乗っていた時に、稀に走行中エンジンがストップしてしまうことがありまして、困ったことがありました。

ショップに持っていっても詳しい原因がわからなかったんですけど、この不調が起こるのは決まってエンジンオイルが交換時期に来ている際によく起こる現象だったのです。

なので、エンジンオイルを交換したあとはいつも正常に戻っていたのですよ。そういうことがあって、よくこまめにオイル交換はしていました。ただアッシの場合、ストリートユースなのであまりエンジンを高回転域まで回さないんですよね。それが原因でプラグがかぶりやすくなっていたというのも、一因としてどうやらあったようです。

だって燃費をよくするために、信号待ちからのスタートでいきなりギヤを6速まであげて、ほぼエンジンはアイドリングに近い状態で走らせていたので、無理もないっちゃぁ無理もないでしょー的な^^;

なのでたまにエンジンはレッドゾーンまで回してあげるようにはしていました。すると、マフラーから白煙とともに、詰まっていた黒いカーボンらしきものが一気に噴出したりしてましたからね^^;

アッシは信号待ちではエンジンを一旦ストップさせる(エコ運転だーい(笑))ので、こういう状況に陥ると冷や汗をかいてましたね^^;

後続車には超迷惑かけちゃうし、エンジンを止めた方がいいのか躊躇したりすることもたまにありました。プラグがかぶったりすると、セルを回してもエンジンがかかりにくくなるので、最悪なんですよね。

そういう時は仕方なく「押しがけ」でエンジンをかけるんですけど、この時のアッシのやり方はまずチョークを引っ張り、ギヤを二速に入れてクラッチを切る、そしてある程度スピードが出るまでバイクを押しながらクラッチをつなげるという方法を取ってました。

そしてかかったらすばやくクラッチを切る、これをしないとまたエンジンが止まってしまうので
注意です。これで大抵はエンジンかかっていたんで、もし同じ状況に陥った経験がある方は今度試してみてくださいね^^

2009年7月 2日 (木)

スズキバンディット250Vのメーターランプ交換

スポンサードリンク

わたくしめの昔の愛車、スズキバンディット250Vメーターランプの交換手順について、覚えてる範囲で書いてみます。手順と言っても、手順と言えるほどの説明にはならないですけど^^;

これは以前一度だけ交換したことがあるんですけど、意外に簡単だったので別に素人でも工具さえあればできちゃいます。

工具は先が細長いドライバーを使ったくらいですかねぇ。メーターボックスを取り外して中の電球のソケットを外し、入れ替えるだけというなんとまぁ簡単な作業です。これで工賃取られるなんて、そんなもったいないことはしないに越したことはないですよ~^^

ただ、ソケットを中から取り外す時に奥にストッパーが確かあった(かな?)と思うので、その部分を上手く外せれば問題ないと思います。電球自体が100円そこそこなので、コストは気にしなくていいです。

あとこの時ついでにヘッドライトの部分も取り外してみたんですけど、この中が結構錆びてまして綺麗に錆び取りをしてあげました。ヘッドライトのバルブ交換自体はしたことがないですけど、これなら自分でもできそうだというレベルだったので、他の部分の電球系の交換もネジさえ自分で外せればきっと誰でもできるものと思います。

ランプ系の交換をまだやったことがない方は、一度チャレンジしてみてはいかがでしょう?

2009年7月 1日 (水)

スズキGSF1200のカスタム

スポンサードリンク

今までGSF1200に乗り続けてきて怪我、損傷をした経験は数回あるんですけど、その中でもっとも痛い経験なのは意外にもクラッチレバーの破損でありました^^;

どういう状況で起こったかというと、冬場の暖気運転を十分しないまま急に発進したために、エンジンがストップしてそのままガシャーンした経験がありますのですよ。

結構クラッチレバーはもろいもんだと思わされた出来事です^^;
簡単にぐにゃっと曲っちゃうんですよねぇ~これ。

しかもすぐ車体を起こさないと、ガソリンも少し漏れてくるから面倒くさいし、その上車体が重いので結構体力使うから、ほんと嫌になります。

もしエンジンガードを付けていたら、こうは手間がかからないんですけどもね。エンジンガードって初心者が取り付けるみたいな印象があるんであまり付ける気がしないんですけど、ファッション感覚でカスタムできるデザインの良いものもあるみたいなので、少しだけ興味はあります。

そういえば今の愛車のカスタムってマフラーくらいしかしてまへんね^^;
っていうか、もともと中古で買った時にカスタムされた状態だったから、自分では何一つしてないわけだけども。

確かノーマルマフラーと比べて、馬力が少し上がるようなことを本にも書いてあったんで、GSFノーマルエンジンの出力が確か90馬力だったから、おそらく100馬力は越えてるだろうと思います・・まぁ予想ですけど。

ただそれなりに走行距離は走ってるんで、今からカスタムしていこうとはあまり思わないし、どうせやるなら新車を買った時にやろうかと考えとります^^
今の計画ではハヤブサでカスタムしてやろうかと構想を練っておりますけど、今の少ない収入で果たしていつ実現するのか皆目見当がつきまへんですね(笑)

スポンサードリンク

フォトアルバム

いらっしゃいませぇっ

  • 只今~

     名様の

    のお見えでぇ~す♪

    御来客の皆さま

    どーぞゆっくりとご閲覧ください^^

バイク関連キーワード検索用

  • カスタム検索

ブログ内キーワード検索用

  • カスタム検索

ぷちセコム中☆

楽天市場

バイク関連アイテム