« 2009年9月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月の4件の投稿

2009年11月30日 (月)

前ブレーキキャリパの洗浄、ピストンの揉み出しをしてみた

スポンサードリンク

さぁて、昨日クラッチ液の交換をした際に、実はもう一つのメンテをしていたのですよ。

それが前輪ブレーキキャリパの洗浄ピストンの揉み出しです♪

こちらは以前、後輪ブレーキキャリパの分解、洗浄

要領は掴んでいたので、滞りなく作業を行うことができました。

・・ただ前回同様、なぜかメンテ途中で雨に見舞われ、

ずぶ濡れになりながらの作業になりましたけど^^;

なんで雨が降るんだぁーよ!

前もって天気予報確認してから望んでいるのにぃー(ToT)

雨男なんでしょうかね、あたくしは・・(>_<)

ではさて、今回使用した工具は

P1000544

14mmメガネレンチラチェット5mmヘックスソケットキャリパピストンツールです。

ちなみに、キャリパピストンツールは、できればロック式の方がいいですよ~。

AP ロック式 キャリパーピストンツール【工具 DIY】【アストロプロダクツ】

価格:2,451円
(2014/4/7 02:41時点)
感想(1件)

それと、こちらもあったほうが断然良いです☆

4ポット4POT対応ディスクブレーキキャリパーピストンツール H-015

価格:3,860円
(2014/4/7 02:43時点)
感想(0件)

他に必要な道具はウェス、ブラシ(使用済みの歯ブラシ)、

中性洗剤と水、シリコングリス、モリブデングリス、ラジオペンチ

必要に応じてサンドペーパー、錆落とし、

真鍮ブラシ、サンポール、受け皿ですね。

はい、前回同様ここでも例のサンポール君が登場しますよ~^^

さてまずはキャリパーを外さないといけません。

清掃前の状態はこんな感じ・・

P1000540

ヘックスボルトはバイク本体から外す前に、あらかじめ緩めておけば

あとあと作業が楽です。

それから2か所の14mmボルトを外しましょー。

P1000549_2

キャリパーを本体から外してみたら、

P1000541

すごい汚れとともに、ものすごい錆がパッドを覆っておりましたf(^^;;)

これは清掃し甲斐があるというものですよ♪

さてお次は中のブレーキパッドを外します。

最初に緩めておいたヘックスボルトの先端に、

P1000542

固定用の細い止めピンが付いておりますので慎重に外しましょー。

ボルトに密着する形で付いてますので、

写真のようにまっすぐに伸ばしながら引きぬきます。

これはボルトを緩めながら、引き抜きやすい位置にしてから行うとよいです。

P1000543

場合によっては錆などで劣化していて「ぽきっ・・」と

折れてしまう可能性がありますのでご注意を^^;

そしてボルトを引き抜けば、パッドが外れます。

するとパッドには一つにつき、金属のアタッチメントプレートと

白いセラミック製(プラスチック製?)みたいな板とが

くっついておりますので、全部外します。

P1000545

こりゃーひどい^^;

ご覧のようにあたくしの場合、かなりの錆がパッドに付いておりました・・

P1000544_2

あまりの錆つきにただただ絶句です^^;

どんだけメンテしていなかったのか一目瞭然というやつですねf(^^;;)

なにせ今回自分で初めての前ブレーキパッド取り外しなものですので・・。

今まで交換などすべてバイク屋にまかせっきりでしたし

それにバイク屋も錆までは落としてくれませんのでね^^;

ちなみに写真上右側の丸口の缶に入っているやや薄緑色の液体が見えますが、

実はこれが度々登場する、あのサンポール君の液体なのです☆

この時錆びついたヘックスボルトを浸しておりました。

白っぽく見えるのは泡だっているからで、

化学反応を起こしている真っ最中なのでした^^;

このあと綺麗さっぱりリニューアルしたボルトが帰ってきましたよ^^

P1000545_2

えーこちらが真鍮ブラシで錆落としをした状態です。

これからさらにパッド意外のパーツの頑固な錆は

すべてサンポール君におまかせです^^

P1000547_2

これがサンポール液に入れる前の状態。

ストッパーの裏が錆ついてますね。

P1000546_2

いざ豆乳・・いや投入~♪

そして数分後に取りだして水で流し、ウェスでふき取ると・・

P1000548_2

うぉぉー\(◎o◎)/!こ、これはぁーっ!?

錆が落ちた上に、か、輝いてるー!!

ま、まぶしすぎますぜぇっ(^o^)ゞ

下手にサンドペーパーなんかで擦ると目立った擦り傷が

残るのでこの方法がベストなんです。

当然ながらそのあと別のリン酸入りの錆落としツールで、

被膜をコーティングするのですけどね。

あと今回、パッドの溝を確認するとまだ若干使えそうだったので、

新品交換は見送りましたです。

で、キャリパーの内部はというと、

P1000546

うーん、汚れぎっしりな感じですねぇ。

とここで、バケツに水を入れ中性洗剤をだぁーっと入れてあげまして、

キャリパーの洗浄といくのですけど・・

げーっ!これは!?

バケツにじゃぶじゃぶして洗うつもりが・・

キャリパー自体がバケツの位置まで下がってこれない事に気付きまして(笑)

しょうがないんで使用済み歯ブラシを濡らして、ゴシゴシしながら洗うことにしましたよ^^;

で、洗ったあとはピストンの揉みだしをします。

ピストン自体は目立った傷もなく一安心。

シリコングリスを塗りながらツールでぐりぐり回しーの、

手で押し込みーの、ブレーキレバー握って押し出しーのすることで

だいぶピストンの動きがスムーズになりました。

P1000549_2

見よ、この輝きをっ!清掃前と比べると一目瞭然じゃ~い(^O^)v

どうやらピストンシールはまだ痛んでなかったようでよかったです♪

ちなみに写真にあるように、ピストンの押し出しはここら辺までにしておいた方がいいです。

これ以上外側に出すと、ピストンが抜き出てくる危険性もありますので。

さて今度は外したのと逆の手順で、パッドをキャリパーに組み込んでいきます。

パッドのアタッチメント部とボルトにモリブデングリスを塗ってあげて

いよいよ最後の仕上げ、セッティングです。

P1000547

見た目はいい感じでございますー(^^)v

P1000548

うーん、綺麗になって復活しました♪♪

あとは取りつけるだけー^^

P1000550

取付完了♪

そんなこんなで、無事作業終了がいたしましたぁー^^

えーと、今後しなければならないメンテ作業といたしましては、

あと、前ブレーキパッドの交換とチェーン清掃ぐらいですか・・。

また近いうちにアップしますね。

2009年11月29日 (日)

油圧式クラッチ液のフルード交換をしてみた

スポンサードリンク

さて今日は、以前から気になっていた油圧式クラッチ液を交換したので、

その手順を公開しようかと思います。

このクラッチ液は前回ブレーキオイル交換で使用した、

SUZUKI DOT-4ブレーキフルードを使用します。

スズキ ブレーキフルード DOT-4500ミリリッター

価格:1,260円
(2014/4/7 02:36時点)
感想(0件)

で、使う工具は8mmのメガネレンチプラスドライバーだけです。

あと必要な道具で今回使用したものは、

耐油ホース、ウェス、水、空のペットボトル、キッチンペーパーですね。

これらをそろえたらいざ作業開始~♪

最初にリザーバタンクを開けてみます。

外側のふたを外したら、中に半透明のプラスチック板があり、

さらにそれを外すと、黒いゴムのふたが入っております。

それらを全部取っ払ってみると・・

P1000541

うわっ!

底に黒い物質が溜まっているではないですか^^;

さっそくキッチンペーパーで中身のフルードと汚れを吸い取りました。

P1000542

そして周りの黒いこりかたまった汚れも綺麗にふき取りこの通り☆

この写真にある通り、底の小さな穴からフルードが下へと流れていくのですねぇ。

次に写真にあるように下のブリードスクリューのふたを外し、

メガネレンチをセットして耐油ホースをはめ込みます。

もう片方のホースの先を空のペットボトルに差しておきます。

P1000540

ではー、リザーバタンクに新しいフルードを入れます。

リザーバタンク周辺には飛び散った時のためにウェスを設置しておきましょう

あと水も万一に備え、すぐ流せるようにそばに置いておきましょうね

フルードは塗装面を激しく侵すらしいので、要注意なのですよ。

かかったらウェスでふきあげるか、水で流す、または両方で・・

対処はこれでいいかと思います。

とりあえずフルードを半分くらい入れて、

さっき外した中の半透明のふたをかぶせておきます

これはクラッチレバーを握った時に飛び散るのを防ぐためです。

実際にあたくしがフルードを入れている時に、

何かの拍子に体の一部がレバーに触れちゃって押し込んでしまい、

思いっきり中のフルードが上空にピュッと吹きあがったので、

危うく顔にかかりそうになりまして^^;

もちろん、

マトリックスのネオ並みに寸前で避けれましたけどねー(笑)

それはともかくほんと目に入ったらまずいので、必ずふたをしておいてくださいな。

では作業の手順の説明です。

私の場合は念のためにリザーバタンクのふたを手で押さえながらやりました^^;

(その1)クラッチレバーを数回握り、その握った状態のままで

(その2)リザーバタンクのふたから手を外し、

(その3)下のブリードスクリューにセットしてあるメガネレンチを持って

スクリューを緩める。

(その4)中から古いフルードが出てくるのを確認したら、

(その5)スクリューを締めてクラッチレバーを離す。

この時点でリザーバタンクのフルードがなくなりかけたら継ぎ足す。

あとは耐油ホースから新しい綺麗なフルードが出てくるまで、この作業を繰り返しますのです

そして綺麗なフルードが出てきたのを確認したら、ブリードスクリューをしっかり締めて、

リザーバタンクのふたを締めます。

以上で終了~これだけでっすー。

ちなみにあたくしが作業で排出した古いフルードは

P1000543

こんだけでした^^

やっぱきたないですねぇ。

これって中のクラッチ部品のゴム部分が、擦れて溜まったカスも入ってるんでしょうかね?

まぁ、そこまで難しい作業ではありませんでしたので、

やる気さえあれば誰でもできる内容だと思いますね^^

2009年11月10日 (火)

ブレーキキャリパの分解、組み付け、ブレーキオイルの交換手順

スポンサードリンク

さぁて今回は念願の事案だった、ブレーキキャリパのオーバーホールブレーキオイルの交換を実施いたしまして、その具体的な手順を書いてみようかと思います^^

まず今回用意したものは、こちらです。

P1000396

これはブレーキキャリパ内部のオイルシールx2、ダストシールx2、Oリングバンジョーボルトワッシャーx2です。正直これらは初めての分解に際し、万が一の時のためにと用意しておきました。

P1000397

錆落としサンポール有機モリブデン配合の錆止めスプレーSUZUKI DOT-4ブレーキフルード耐油ホースコンパウンドです。写真にはありませんけど、キッチンペーパーも用意してました。

スズキ ブレーキフルード DOT-4500ミリリッター

価格:1,260円
(2014/4/7 02:20時点)
感想(0件)

なぜトイレ掃除用のサンポールがいるの?と思われたかもしれませんけど、それは後で説明します^^

あと、工具はこちらです。

P1000489

キャリパピストンツールラジオペンチ、車載のプラスドライバーx2、ラチェット、12&14mmソケットレンチ 、6mmヘックスビットソケットです。あと写真には載ってませんけど8mmメガネレンチも必要です。

ちなみにキャリパピストンツールは、こんないいやつも今は出てるみたいで(^^ゞ

MonotaRO キャリパーピストンツール1個

価格:2,246円
(2014/4/7 02:25時点)
感想(1件)

あと、こちらも便利なアイテムのようで☆

4ポット4POT対応ディスクブレーキキャリパーピストンツール H-015

価格:3,860円
(2014/4/7 02:31時点)
感想(0件)

あとはフルードが飛び散った時のための流すと、ウェスを用意しておけばいいでしょう。

では準備も整ったことだし早速とりかかりましょー♪

まずはキャリパを接合している2か所のヘックスボルト、そしてバンジョーボルトを少しだけ緩めます。これは必ず本体を外す前にやっておくこと。じゃないとあとでボルトを外すのが超面倒です。多分外せません^^;

P1000365

その後でキャリパを固定してある3か所のボルトを外します。

P1000480

ここまではOK♪

さてお次は、サイドカバー内のフルードリザーバタンクを表にさらけださないといけませんので、カバーを外します

全部で5か所ネジがあるので、外しましょう。

P1000495_2

P1000481 

P1000484

サイドカバーを外した後はいよいよキャリパーの分解です。

ここが一番緊張する瞬間ですね^^;

何事もなければ良いのですけど・・。

ではまずバンジョーボルト を外します。

同時にリザーバタンクのふたを開けておくのを忘れずに。

P1000485

内部のたまった液をキッチンペーパーでふきとっておきます。

で、大量にフルードがホースから抜け出てくるのかと思いきや、

P1000486

あら?意外と少なかったんですね~f(^^;)

で、お次はキャリパー本体の分解をして中性洗剤で全体を洗浄したのですけど、ピストンはまだつけたままです。外したのは中のOリングくらい。

あたくしの場合は周りの汚れを落とした後に、じっくりと固着したピストンを外そうと思ったので、そのようにしましたけど、これは各個人でやり方は違うかもしれませんので、あしからず。

お次は例のピストンの取り出しです。

これが予想通りの重労働で、かなり握力がなければ固着したピストンを取りだすのは至難のワザですよ^^;

P1000487

当然引っ張るようにぐりぐり左右に回しながら抜き出さないといけないので、作業しにくいのですよ。この作業時にはピストン内側にかなり傷が残るので、ウェスなどを挟んで作業したほうが賢明です。

やっぱり、ピストンのモミ出し作業は定期的にしないといけないんだなぁーと思う瞬間です・・猛反省^^;

この間にブレーキパッドピンや、ボルトの錆を落とすために、サンポールに浸してました。

ハイここでサンポール君の登場です☆

実はこれ最高の錆落としツールなのです。

塩酸でとかしてくれるので超強力なんですよ。

でも使用の際には・・

塩素ガスが発生する危険性があるので取扱にはくれぐれも要注意!

そして浸しすぎると鉄の色が、銅色に変色しちゃいますし、塗装も剥げます。

強力ではありますが、その辺は気をつけておいてください。

あたくしはヘックスボルトの塗装が剥げてしまって金属部分がリアルにむき出し状態になってしまいました・・反省^^;

しかしこの作業だけでは、すぐに錆が発生するので後処理が必要なのです。

そのためにもう一個別のリン酸入りの錆落としを使いますのです♪

それを塗るとアワがぶくぶくと浮き出てきますが二分くらいでふき取ります。

すると表面上にコーティングが出来ますので、あとは錆止めスプレーやグリスを塗れば完璧です。

P1000488

そんなこんなでやってる間、やっとのこと取りだしたピストンは、摩耗による傷と錆が・・。

錆はやすりで削りーの、仕上げはコンパウンドで磨きーの。

それでこのありさま。

本当はピストンも新品に交換したほうが良かったんですけど、予算の都合で今回は見送りました。

そうこうしてる間に雨が降ってきまして、止みそうになかったのであとは家で作業することにしようと、一応ブレーキホース先端をウェスで縛っておきました。

ではではここで、組み付ける部品の紹介です☆

P1000491

これがキャリパーパーツ一式

P1000492

こちらはブレーキパッドパーツ一式

えー、ちなみに古いピストンシールを取り外す時は内部に傷がつかないようにしたほうがいいです。

あたくしの場合、シールを外したあとの溝に金属のかたまり(錆?)みたいな固着した白い汚れがあったので、古い歯ブラシなどで掃除してみましたが取れず、仕方なくマイナスドライバーなどで削りながら綺麗に除去しました。

その後フルードを溝に塗り、シールにも塗ってあげてはめ込みます。

そしてピストンにはグリスを塗って、数回モミ出ししながら出し入れしてスムーズに動けるように慣らします。

そして各パーツをグリスアップしながら組み込み、ボルト類は仮締めしておきます。

P1000494

そしてようやく完了!

いやぁー作業前とは全然違う見栄えになりました^^

さぁーてあとはバイクに取り付けるだけだぁー♪

P1000496

で、バンジョーボルトに新品のワッシャー 2個をこのようにつけて、しっかりと締めつけます。

各ボルトを本締めした後は、いよいよ

ブレーキフルード注入作業と、エア抜き作業に挑戦です!

まず、ブリードスクリューに8mmのメガネレンチを引っかけ、耐油ホースを取りつけます。

今回、廃油受けにはペットボトルを使用しました。

P1000497

そしてリザーバタンクにフルードを満タンに入れます。

その後は、

1、ペダルを押し込む

2、スクリューを緩める

3、オイルが入っていくので無くなりかけたら、フルードを継ぎ足す

4、スクリューを締めて、ペダルを離す。

その間、ブリードスクリューから気泡が出なくなるまで、この作業を繰り返します。

この間、フルードがどこからか漏れていないか確認しながら行います。

するとエアが抜け切ったら、明らかにブレーキペダルを押し込む感触が変わります

深く押し込めなくなりますので、わかると思います。まぁいつものバイクに乗ってる時のブレーキングの感覚と同じですよ。

それが終わったら、もう片方の左側ブリードスクリューにも同じ作業を行いますが、フルード自体は反対側もすでに入ってる状態なので、単にエア抜き作業だけになります。

あと、なるべくブレーキフルードを無駄にしないようにするには、リザーバタンク内が空にならないようにフルードを継ぎ足しながらの作業をこころがけましょうね☆

そうしないとエア抜き作業で、必要以上にオイルを使用することになりかねないので^^;

あたくしの場合エア抜き作業で犠牲になったフルードの量は、

P1000498

これだけで済みました^^

エア抜き作業が終了したら、周辺にオイル付着がないか確認しておきましょう。

最後に数回ブレーキペダルを踏み込んで、フルードが漏れていないか再確認します。

以上で一連の作業は終了です。

いやー初めてということもあって作業はきつかったですけど、やりとげたという達成感は気分がいいもんです☆

よっしゃー!もうこれで大丈夫♪

オーバーホールのやり方もわかったし、

ブレーキオイル交換の仕方も習得♪

もう怖いものなしじゃ~(^^)v

2009年11月 5日 (木)

GSF1200のオイル交換を半年ぶりにしてみた。

スポンサードリンク

さて数日前のことですけど、半年ぶりにオイル交換をしましたのです。

前回オイルフィルターを交換していたので、今回はオイルのみの交換となりました。

まぁありきたりですけど、一応その手順を簡単にお話しておきますね。

ある程度走ってオイルも温まった状態で、まずオイル給油栓を開きます。

P1000392

これはオイルがスムーズに抜け出るためにやってます。

そして次にドレーンプラグをレンチでゆるめます。んで、オイルパンの下にオイル受けを置き、手でプラグを外します。するとドパーっと勢いよく出てきますよー、サラっサラになった温かいオイルが。

またオイルを出来るだけ抜くために、数秒エンジンをかけて軽く吹かします。エンジンを止めて車体を左右に傾けつつ、オイルの流出量の変化を見ながら作業します。

そしてもう出尽くした感があれば、新しいドレーンプラグとガスケット(ワッシャー)を手で締めていきます。

P1000390

手できつくなるまで締めたら、今度はレンチで締めていきます。

古いオイルはオイルパックリに移して、処理完了です。

P1000391

で、次はいよいよ新しいオイルの注入です。

P1000388

入れるオイルは言わずと知れた、愛用のモチュールオイル(粘度10W-40)ですね。この度は冬専用にと、この粘度のものを購入しました。オイル交換のみならGSF1200の場合3300mlのオイルが必要なのですよ。なので若干の不足分はゲージを見ながら+微調整しました。

給油栓を閉めて、軽くエンジンをかけます。そしてオイルゲージを見ながら、不足分を継ぎ足していきます。念のためドレーンプラグ周辺にオイル漏れがないか目視で確認して、作業時に周りについたオイルなどの汚れをパーツクリーナーなどで落とします。

以上が一連の流れですね。

なお、詳しい手順はPDFマニュアル化してますので、どうぞ左サイドバーのリンクからご覧くださいね。

簡単なので、まだやったことのない方は是非チャレンジしてくださいな~^^

スポンサードリンク

フォトアルバム

いらっしゃいませぇっ

  • 只今~

     名様の

    のお見えでぇ~す♪

    御来客の皆さま

    どーぞゆっくりとご閲覧ください^^

バイク関連キーワード検索用

  • カスタム検索

ブログ内キーワード検索用

  • カスタム検索

ぷちセコム中☆

楽天市場

バイク関連アイテム