« 初めて後輪ブレーキパッドを交換しました☆ | メイン | ブレーキキャリパの分解、組み付け、ブレーキオイルの交換手順 »

2009年11月 5日 (木)

GSF1200のオイル交換を半年ぶりにしてみた。

スポンサードリンク

さて数日前のことですけど、半年ぶりにオイル交換をしましたのです。

前回オイルフィルターを交換していたので、今回はオイルのみの交換となりました。

まぁありきたりですけど、一応その手順を簡単にお話しておきますね。

ある程度走ってオイルも温まった状態で、まずオイル給油栓を開きます。

P1000392

これはオイルがスムーズに抜け出るためにやってます。

そして次にドレーンプラグをレンチでゆるめます。んで、オイルパンの下にオイル受けを置き、手でプラグを外します。するとドパーっと勢いよく出てきますよー、サラっサラになった温かいオイルが。

またオイルを出来るだけ抜くために、数秒エンジンをかけて軽く吹かします。エンジンを止めて車体を左右に傾けつつ、オイルの流出量の変化を見ながら作業します。

そしてもう出尽くした感があれば、新しいドレーンプラグとガスケット(ワッシャー)を手で締めていきます。

P1000390

手できつくなるまで締めたら、今度はレンチで締めていきます。

古いオイルはオイルパックリに移して、処理完了です。

P1000391

で、次はいよいよ新しいオイルの注入です。

P1000388

入れるオイルは言わずと知れた、愛用のモチュールオイル(粘度10W-40)ですね。この度は冬専用にと、この粘度のものを購入しました。オイル交換のみならGSF1200の場合3300mlのオイルが必要なのですよ。なので若干の不足分はゲージを見ながら+微調整しました。

給油栓を閉めて、軽くエンジンをかけます。そしてオイルゲージを見ながら、不足分を継ぎ足していきます。念のためドレーンプラグ周辺にオイル漏れがないか目視で確認して、作業時に周りについたオイルなどの汚れをパーツクリーナーなどで落とします。

以上が一連の流れですね。

なお、詳しい手順はPDFマニュアル化してますので、どうぞ左サイドバーのリンクからご覧くださいね。

簡単なので、まだやったことのない方は是非チャレンジしてくださいな~^^

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/437961/22207257

GSF1200のオイル交換を半年ぶりにしてみた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

スポンサードリンク

フォトアルバム

いらっしゃいませぇっ

  • 只今~

     名様の

    のお見えでぇ~す♪

    御来客の皆さま

    どーぞゆっくりとご閲覧ください^^

バイク関連キーワード検索用

  • カスタム検索

ブログ内キーワード検索用

  • カスタム検索

ぷちセコム中☆

楽天市場

バイク関連アイテム