« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月の8件の投稿

2010年5月31日 (月)

GSF1200のウィンカーをLEDにする手順と方法☆その1

スポンサードリンク

さて、今回はかねてからの懸案、

ウィンカーをLED化しちゃおう的な試みを実行しようと思いまして、

つい先日アイテムが一通りそろいましたんで、取り付けを行いましたよ☆

今回もまた一筋縄ではいきまへんでした^_^;

ではその作業の流れを書いていきますね(・o・)

まず取りそろえたアイテムの面々です。

P1001068

すべてヤフオクでゲットしたものでやんす♪

こちらは“BA15s”という種類のLEDなんですけど、これを4個と“ICウィンカーリレー”が1個です。

ウィンカーリレーは当初自作するつもりでしたけども、コスト的にはあんまり変わらないと判断したので、完成品を購入しましたよ(・o・)

ちなみにこのウィンカーリレーは、電球とLEDの両方を兼用できるという優れモノでした☆

まぁ、取り付けてみて初めてその事実がわかりましてねぇ(^_^;)

LEDが故障したとしても、わざわざ電球に戻した時に純正のリレーに交換する必要はないというのはとても便利ですよ(^O^)

では、実際に取り付け作業開始ー♪

まずはウィンカーのカバーを留めてあるネジ3本を取り外し、

P1001069

電球も取り外して、“高輝度LED13連”モノを取り付けました☆

P1001070

前後4個所とも交換しましたら、お次はウィンカーリレーの交換です。

GSFの場合、リレーのある場所はバイク本体の左側後部にありますよ。

P1000838_0 

ゴムで固定されているので、これを“ICウィンカーリレー”と交換です。

P1001071

さて、ここまでは順調でした。

では早速点灯チェッーク!

・・あれ?

思っていたよりも光り方が暗いぞ?!

し、しかもぉー!

なぜか前後とも左側しか点灯しないではないかぁー!??

なぜだぁー???

まーた初期不良品なのかぁ?と、頭をよぎりました(;一_一)

でも右側が綺麗さっぱり点灯しないというのも偶然にしては何か変だなぁと思いつつ、

左と右を逆にして再度チェックしたら、まったく右側だけが点灯しないという同じ現象になりました。

ということは少なくともLEDが故障しているわけではない!ということがわかったので、

だとすると配線に問題があるとしか考えられまへん(-_-;)

まったく、これら二つの問題が立ちはだかりましたので、解決しないといけまへんね・・(ToT)

まずひとつめ。

なぜ思っていたよりも暗いのか?ですがぁー、

これはちょっと誤算でした(;一_一)

今さら新しいモノに交換するわけにもいかず、

どうにかして少しでも明るくしなければなりまへん。

そのためにはどうしたらよいか、考えましたf(・・?

あれだ、あれっ・・・っと、凹面鏡だよ!

それを自作すればいいじゃん♪

と早速、用意したあるものから取り出して加工したものがこれ↓

P1001082

これなぁーんだ?

ハイ、アルミ缶ジュースの底の部分ですね♪

エコなリサイクルというやつでやんす。

家のゴミ箱あさくって掘り出したものですよ、これ(笑)

危うく資源ごみとして出される寸前でした(・。・;

より光を反射させるために、自前の金属表面光沢研磨剤(ピカール等)を使って磨いております。

これをウィンカー内部に収まるように少し折り曲げて、両面テープで固定します。

P1001083

これでどうだ!ほれっ♪

P1001084

うまくはまりました~☆

さて、ここまでは順調です(^O^)

残る問題は・・なぜ片方しか点灯しないのか?ですね(^_^;)

この謎を解くためにネットで検索してみましたところ

どうやらGSFの場合、

ウィンカーに流れる電流の向きが左側と右側では逆向きになっている可能性があ~る、ということに気づきました。

今使用している普通の電球の場合、プラスマイナスの向きが逆になっても点灯する、

いわゆる極性がない物だということがわかりまして、

実際にバッテリーから直で繋いでみると確かに逆にしても点灯しました。

これに対してLEDの場合は一定の方向からしか流れない、

いわゆる極性があるというのはわかっていたので、

上記のことからLEDに交換した途端片側だけが点灯しないというのは、

十分その可能性があるということに考えが至りましたのです(・o・)

となると、どこかで配線を逆にしないといけないのですが・・

実際にはどこをどうするか?

なんとか簡単に済ませられないか、色々あーでもない~こーでもない~と試行錯誤しまして。

・・で、結論。

ウィンカーのコネクター辺りのどっかでプラスとマイナスの配線をぶっちぎり、

逆に繋ぎ合わせるしかないだろう・

ということで、いちかばちかの賭けにいどむことにf(^_^;)

もし原因が別の所にあったら、ぶっちぎった意味がなくなるわけで・・。

ここで悩んでもしょうがないんで思いっきり・・

P1001085

切断・・しちゃいまっしたぁ~f(^_^;;)

さぁーもう後戻りはできないぞ~っ!

で、この次にやる作業ですが、端子の加工をしないといけまへん。

ここで準備したのがこれ。

amon エーモン 2978 配線コネクター

価格:388円
(2014/4/8 19:47時点)
感想(0件)

ギボシを付けるよりも、これを付けるのが一番簡単ですよ。

では早速、繋ぎます。

P1001086

こんな感じでペンチなどを使って配線の上から挟むだけ☆

P1001087 

ふうっ♪

これでなんとか配線は繋ぎかえることができました。

では、いざっ!LEDの点灯チェックです(^O^)

スイッチオン・・・

・・・・つ、点きました!(^^ゞ

やっぱり予想どおり原因は逆電流のせいだぁ!というのはアタリでした♪

とにもかくにもこれで一安心です。

点灯の明るさもアルミ製凹面鏡で幾分、光量もアップしましたし(*^。^*)

でもやはり電球程の明るさではなく、これはもうこれで仕方がないんでしょうかねぇ(-_-;)

あとも~一回だけ最後のあがきでアルミテープをウィンカーケース内に貼って、

それでも明るさが増えないようだったら諦めようと思います(^_^;)

2010年5月30日 (日)

ヘルメット選びぃ(^O^) 徹底比較!Arai か?SHOEI か?んーどっち!?

スポンサードリンク

さて、前回リミッターカットのテストにおいて

GSF1200のパワーを嫌と言う程実感いたしまして、

今のヘルメットのままじゃーテストもままならないというわけで

新しいフルフェイスヘルメットの購入検討をしてみました(^^ゞ

ネットで色々情報集めて、一番安い値段のものを探して

そして二つのメーカーにまで絞りました。

そのメーカーは知る人ぞ知る、SHOEIArai です☆

Arai は“RX-7 RR5 アールエックスセブン アールアールファイブ)”と “プロファイル”の2種、

SHOEI は“X TWELVEエックス トウェルブ)” が候補にあがりましたでっす♪

○ARAI RX-7 RR5 アルミナシルバー

価格:43,690円
(2014/4/7 19:10時点)
感想(0件)

【送料無料】SHOEI(ショウエイ)X-12/X-TWELVE(エックストゥエルブ)ライトシルバー

価格:43,999円
(2014/4/7 19:12時点)
感想(0件)

さてここから絞りこむのが悩みどころでして

まぁ、その間は幸せなひと時を過ごすのですがぁー(^_^;)

パソコンの前であーでもない、こーでもない

いやこっちはこういうメリット、デメリットがぁ・・・

と、なかなか決まらずで

んーあとは、実際に現物を見て触れて、被ってみて決めようと思いまして(・o・)

行ってきましたよ~南海部品へー(^O^)

そこで、事前に調べておいた情報と確認しながら

店員の話を聞くこと十数分、

でー、決まりました!

決定したのは、Arai の“RX-7RR5”でーす(^v^)

最終的にこれにするまでは、結構悩みました^_^;

決め手になったのは、店員さんのお話の中で

Arai のヘルメットはSHOEIのヘルメットと比べ、

1:前から見ると顎のラインがキュッと引き締まって細く見えるため、スタイリッシュであること。

確かに言われてみればそうだよ、うん・・と現物を見て思いましたし。

2:SHOEI の方は前面に貼ってある「SHOEI」のシールが個人的にちょっと違和感あり。

Arai の方はカラーによってはロゴがプリントしてあるので、そっちのほうが見栄えが良い。

・・と、これらを踏まえて Arai に決定したものの

お次は、じゃぁ“RX-7 RR5” にするのか“プロファイル”にするのかでしばらく考え込んでました。

3:RX-7の方は値段が高いのなんの(>_<)

値段以外のプロファイルとの違いは、ベンチレーションの数と形状が違ってて、見た目はそれなりにカッコよくなっている・・というのが1点。

で、実際に公道を走る際にどういう点で違いが出てくるのかですけど

聞いたところによると、市街地を普通に走る時にはそこまで大した差は感じないらしく(・o・)

長時間の高速走行で初めてその違いがわかるというものだそうです。

まぁ、確かにそう言われてみればそうです。

RX-7の方がより空気抵抗を感じないような造りにはなっているので。

頭部への負担は軽減されるだろうし、ツーリングにしょっちゅう行く方は

こっちの方が相性が良いでしょうね。

でもツーリングはそこまで行かずに、もっぱら市街地走行に重きを置いてる

あたくしにとっては、まぁそこまでこだわるものではないだろうというわけで

“プロファイル”を買おうかなぁ?と。

でもやっぱり“RX-7”のほうが欲しいなぁー的な(*^。^*)

店員さんいわく、他のユーザーの皆さんは

RX-7 よりは大抵“プロファイル”の方を購入される方が多いそうです。

値段が障壁になってるようで、そこは皆同じお財布事情というわけですね(p_-)

どっちにするかはともかく、あとは自分にあったサイズがどれか?なんですけど、

これは実際に被ってみないことにはわかりませんので

店頭に赴いたわけなんですが、結局Lサイズで決定しましたです!

被ってみてホールド感が少しきつめでしたが、新品の内は圧迫感を感じるそうで、慣れればある程度馴染むとか(^^ゞ

MサイズとLサイズで悩んだんですけど、

Mサイズはほんとにぎしぎし、ぴったりすぎでして

ホールド感もきつすぎて違和感ありありでしたね。

サーキットなどのレースで使用するなら、Mサイズが良いみたいなこと言われましたです。

またLサイズとXLサイズでは違いが明らかでした。

Lサイズがぴったりと違和感なくフィットしまして、ホールド感は抜群でした。

XLサイズは横に頭を振るとヘルメットがゆらゆらする状態でしたね。

ちなみにSサイズは頭が入りませんでしたよ(^_^;)

あと残るはデザインはどれを選ぶかなんですけど

今所有のバイクに合わせていくか、それとも今後のバイク乗り換えも考慮するなら

ホワイト路線にするかぁ~♪などなど、あーだこーだ悩んで結局ホワイトにしようとほぼ固まってました☆・・・しかぁーし!

結局その日は即買いせず、も一回よーくじっくり考えてみることにしました。

家に帰って改めて、ヤフオクで検索してみると“RX-7 RR5”が比較的安くで出品されてるではないですか~♪

→ ヘルメット RX-7 RR5

これはなんとしてでも競り落として見せる!

プロファイルは却下じゃ~っ♪(笑)

と意気込みまして、程度が良くてデザインもまぁまぁな感じの物、かつスモークシールドも付いている、んでもってLサイズ・・こういう条件下でなんとか安くで出品されている物をウォッチリストに登録していきました(^O^)

で、そんなことをやりながらあっという間に一ヶ月ほど経ちましたんです^_^;

なかなかこれといった値段では落札できず、また途中で色々と考えあぐねてやっぱりまだ買うのは早いか・・?と諦めかけておりましたところ、そのチャンスはやってきました♪

ついにこれだぁー!っと決めたヘルメットを無事落札することができました☆

あえてその写真は載っけまへんが、中古ながらなかなか状態は良く、色々とおまけも付いて4万円以内で収まりましたよ♪

これでいよいよテストができる!

・・でもその前に、季節の変わり目なんでオイル交換が先かな??(^_^;)

2010年5月27日 (木)

GSF1200をLEDでライトアップ的計画☆~エンジン周り装飾編

スポンサードリンク

さーて、いよいよGSFのLED化計画も終盤に入りましたです☆

装飾個所はあと残すところ、エンジン周りのみとなりました(^v^)

で、エンジン周りに付けるからには、熱の影響をなるべく受けないように考慮しつつ、

油冷独特のエンジンを綺麗にライトアップできる場所と言えば・・

やっぱりエンジンの上しかないでしょー的な考えにいたりまして、

早速準備していたLEDを取り付けました♪

SALE LEDテープ12連★30cmホワイト/ブルー/アンバー/レッド/グリーン 1本 正面発光 白/黒ベース 防水 切断可能 as189

価格:185円
(2014/4/7 19:01時点)
感想(829件)

取り付け場所はガソリンタンクの裏ですよ(*^_^*)

P1001061_0

さぁーでは、いざぁ、点っ灯♪

・・・あれ?

片方点かない?

なんでじゃぁー!(;一_一)

もしかして不良品か!?

と思いながらも、こういう時のために予備をもう一本購入しておいたので、

新たにギボシ加工をして再度チャレンジ♪

やった点いたぁー♪(^v^)

点かない方のLEDを取り外し、原因を探ってみると

なんとなんとぉ、最初っから根元の配線加工部分が焼け切れていたのです?!

はぁ?なんで?

うーむ、初期不良品だな(-_-;)

まぁ仕方ないけど、一応ストックとして必要なので修理しておかないとなぁ^_^;

そんなトラブルに会いながら、とにもかくにも夜になるのを待って、再度点灯確認です☆

P1001066

うっひゃぁ~♪

こ、これで・・ついに完成!

綺麗っす、綺麗っす♪

上等っすよぉー☆

ででで、バイク全体のライトアップが・・

P1001064_0

こーんな感じになりました☆

これでひとまずLEDライトアップ化は80%くらいまでは完了しました(*^。^*)

あと残るは、ウィンカーをポジションランプに改造する作業でござんすよー(^O^)

近々必要アイテムがそろい次第、着手しようと思いまっす!

2010年5月22日 (土)

GSF1200をLEDでライトアップ的計画☆~胴体周り装飾編

スポンサードリンク

さて、今回は前回のLED装飾のつづきです(・o・)

お次は胴体周りということで、取り付け場所の選定をしなければいけまへん。

なお取り付けるLEDの種類はブルーのシリコンチューブ24連と、

8色選択可能!LEDチューブ 24cm レッド ブルー イエロー ホワイト グリーン パープル ピンク 3色 赤 青 黄 白 緑 紫 桃

価格:295円
(2014/4/7 18:59時点)
感想(0件)

蒼白のLEDテープ30cmなのですけど、

SALE LEDテープ12連★30cmホワイト/ブルー/アンバー/レッド/グリーン 1本 正面発光 白/黒ベース 防水 切断可能 as189

価格:185円
(2014/4/7 19:01時点)
感想(829件)

24連チューブの方は、フェンダーレス化によってできたバッテリー真下の隙間の部分に取り付けです。

もう一方30cmテープの方は、エアクリーナーボックスの前方下部に取り付けることにしました(*^_^*)

ちなみにチューブとテープを別々に購入したのは、取り付け場所の形状から判断した結果です(・o・)

24連チューブの取り付け場所は、タンクの真後ろ下部にあるフレームの部分でござんす☆

P1001052_0

もちろんLEDの向きは、真下に光があたるように取り付けてますよ(・o・)

んで、30cmテープの方を取り付けるのには、配線を通すために

エアクリーナーボックスの横についてるカバーを取り外さないといけませんのです(・。・)

P1001054_0

外したら早速LEDテープを取り付けて、配線をカバー内に収まるようにセッティングです。

カバーを元に戻してこんな感じに出来上がりました☆

P1001056_0 

さて、以前のLEDの記事では配線の繋ぎ方を説明してなかったので

ここで簡単に説明しておこうと思います(*^。^*)

まず必要な接続端子などをいつものように自作しましたよ(・o・)

P1001046

本当はプラスとマイナスの配線を赤と黒で分けた方が分かりやすいんでしょうけど、

前回リミッターカットを作成した時に余った配線がかなりあるので、それを今回も利用してます(・o・)

そしてもう一個重要なアイテムを楽天で購入しておきました。

それがこちらの平型ヒューズ電源です☆

エーモン工業★E511 10Aミニ平型ヒューズ電源【10Aヒューズから5Aの電源が取れる!!】【レーダー探知機やETC,LED等の電源取り出しに大変便利!!】

価格:340円
(2014/4/7 18:57時点)
感想(1件)

これには何種類かあって、今回使用したのは 10Aから5Aの電源を取りだせるものを使用しました。

実際に取り付ける時にヒューズボックスに干渉するかなぁ?

という心配をしておったのですけど、

ヒューズボックスの蓋を閉じた時に完全にきちっとは塞がらず、若干すき間ができるけれどーf(・・;)

でも一応固定するツメの部分には、きちんとはまっているという、

まぁあまり気にならない程度で違和感がなかったので、

ボックスに穴開け加工は施しませんでしたよ(*^_^*)

P1001051_0

ヒューズの取付部位は「テールランプ(尾灯)」の個所です。

別に「イグニッション」の所でも可能ですので♪

ここまできたらあとは配線を整理してフレームにまとめて固定です。

P1001055

プラスとマイナスの向きが間違っていないか?並列に接続しているか?

など確認したあと、キーをオンにして点灯したらOK♪

まぁ無事に点灯はしました(*^。^*)

でも明るさの程度がいまいちお昼時には判りづらいので

あとは夜にもう一回点灯確認をしないといけまへん^m^

で、取り付けた結果どう見栄えが変わったのかというと・・

P1001050

ど、ど、ど、どーすか?!

このブルーな雰囲気の良さ☆\(◎o◎)/

バイクの荷重を支える中心的存在であーる“リアサス”が映えて、

且つ透明な保護チューブに覆われた“アースコード”が

淡いブルーの光を帯びてこの狭い空間を彩っているこの絶妙なるコラボレーション♪

あぁー見てるだけで癒されるぅ~・・か、感無量でっす(ToT)(笑)

また、下から覗きあげると取り付け場所がはっきりと確認できますよ。

P1001049

LEDチューブのほうには両面テープがもともと付属してないので、

別途購入の上で貼りつけておりますよ(*^_^*)

それで24cmの長さではLEDの両側先端がフレームからはみ出るので、

両側ともフレームに沿って折り曲げてます。

さらに万が一の剥がれの場合に備えて、その両側先端をタイラップで固定してます☆

これで何があってもばっちり大丈夫でしょう♪(*^_^*)

ちなみに12cmのLEDチューブにしなかったのは、

24cmの方が格段に明るいはずだと思ったものでf(・o・)

んであともうひとつ、エアクリーナーボックスの方に取り付けたLEDテープは・・

P1001057

あぁっ!・・ま、 まぶしすぎぃー\(◎o◎)/

随分と明るいんで、うわわぁー!ものですよー(*^_^*)

これで全体的なバイクの雰囲気が以前とかなり変わりましたですね^m^

少し離れて一望してみると、そのGSFの存在感は際立っちゃいますー♪

P1001058_0

んーどうでしょ?クールなイメージに仕上がりましたよ☆

こりゃぁきっと目立つにちゃいない(^◇^)

さてあと残すはエンジン上部のLED装飾なんですけども

これがまた悩みどころでして、エンジンの熱でLEDが逝かれちゃうのではないかなぁ?と、

いったいどこに取り付けたらいいのか迷ってるところです(^_^;)

でもここまできたらもう、取り付けないと気が済まないので

何が何でも近いうちに取り付けることになると思いますけどねー♪(笑)

2010年5月16日 (日)

GSF1200をLEDでライトアップ的計画☆~後輪周り装飾編

スポンサードリンク

さて前回、番号灯のLED化を紹介しましたんですが、

まだちょっと明るさが足りないなぁ・・という感じが否めず、

さらに追加をしちゃおうと、この度新たにホワイトのLEDチューブを購入いたしましたのです(^O^)

8色選択可能!LEDチューブ 24cm レッド ブルー イエロー ホワイト グリーン パープル ピンク 3色 赤 青 黄 白 緑 紫 桃

価格:295円
(2014/4/7 18:45時点)
感想(0件)

それと青白のLEDテープも二つほどゲットしましたよ☆

8色選択可能!LEDテープ 30cm レッド ブルー イエロー ホワイト グリーン パープル ピンク 3色 赤 青 黄 白 緑 紫 桃

価格:190円
(2014/4/7 18:48時点)
感想(0件)

で、今回は以前のような配線ミスもなく順調に作業が進み、

P1001036

こんな感じでギボシをセットしてぇ、

P1001037

フェンダーのこの部分にLEDチューブを両面テープでべた張りしました♪

ちょっと配線がごちゃごちゃしてますがぁ、まぁこれでも上手くまとめてる方だと思います(^_^;)

あとはサイドカバーを元通りはめ込みますが、このLEDを貼りつけた部分は、ものの見事に

干渉することもなく、すっぽりとカバー内に隠れてしまいます。

そして点灯も確認しましたが周りはまだ明るかったので、夜になって再度点灯チェーック♪

すると・・

P1001038_0

あらまぁ!なんということでしょう!(笑)

以前とは見違える程の明るさにびっくりしましたよ~♪♪

これは綺麗だわぁーぃ\(^O^)/

ナンバープレートも暗い部分がまったく残らないほど明瞭に浮かび上がりました☆

そして・・タイヤの上にもうっすらと光が漏れておりますが、

P1001039_0

もう二つのLEDテープをタイヤ上部のフェンダー裏に取り付けたのですね^m^

いやいやぁーこれにはもう、うっとり(*^。^*)

ほんと綺麗でございますよ(^^ゞ

下から覗きこむと・・

P1001040

このような感じです☆

あ、もちろんキーのオンオフで点灯消灯は可能ですよ(*^^)v

とりあえず今回は後輪周りの部分だけをライトアップしてみましたけど、

お次は胴体の部分を計画しておりますので、近いうちにまた取り付けようと思ってまっす(^O^)

2010年5月13日 (木)

GSF1200の番号灯のLED化に問題が・・。

スポンサードリンク

以前GSFのフェンダーレス化に伴い、番号灯をLEDに着け換えたのですけど

どうも購入した二個の内の一個だけでは光量不足と思いまして、

もう一個付けようと取り付けてみると

P1001029_0

おや??なぜちぐはぐにしか点灯しないんだっ!?

点いたのは4個だけ・・・。

全部で10個点灯しなきゃいかんところを・・(・・?

この問題を解決するのにしばし時間がかかりました。

ようやくわかったのは、このLED取り付け時の配線の仕方がまずかったんですねぇ(^_^;)

一応前もってネットでLEDを複数取り付ける場合を調べて取り付けたんですけど、

点かないじゃないかっ!

って文句を一人むなしくほざきました(-_-;)

で、しょうがないから、じゃあもう一個別のLEDを購入して取り付けようと思って

いざ購入~♪

で、届いた商品の中に説明書きがありまして

「必ず並列につなげてください・・云々」

へ?へいれつ??

おいおいおい、ネットじゃ直列って書いてましたぞ?!

だからちぐはぐにしか点灯しなかったのか!?

そうとわかれば、並列に繋ぐために配線を組み換えると・・

P1001034_0

でゃっはっはー?!

点いたじゃんかっ(^_^;)

わざわざ新しいやつ買ったのに、くそぉー(>_<)

と、ここでわかったのは

直列に繋げなければいけないというのは

あくまで最初から自作でLEDを組み込む時の話らしいとわかり

すでに組み込まれた完成品のLEDチューブやLEDテープ同士を繋ぐ時には

並列でってことらしい(-_-;)

まぁ、おかげで勉強になりました。

みなさん、くれぐれもLED取り付けの際は

お気をつけくだはれ(^^ゞ

2010年5月 4日 (火)

西海橋ツーリング行ってきましたぁ~♪で、リミッターカットの効果は?

スポンサードリンク

さて、今回は珍しくツーリングに行ってきたどー!・・的な記事になりますです(^O^)

ほんと久々のツーリングでした♪

まぁ、ごーるでんウィークということで

近場を軽く走ってきましたよー(*^^)v

結構、集団でライダー達がすれ違っていきましたけど、

やっぱいいもんですねぇ、ツーリングってのは(^^ゞ

そういえばツーリングで県外に出ると、すれ違いざまに皆さん

挨拶がわりに軽く手を振ってくれます

しかし県内での場合はあまりそういった人達を見かけないんですよねぇ(^_^;)

なので県内の皆さん、それ、流行らせましょう♪

と、前置きはこの辺にしといて本題に入りますぅ(^^ゞ

まぁ、ツーリングに行った本来の目的は、

以前自作したリミッターカットのテストをするために

取り付け前の状態で、各ギヤ毎のエンジン回転数の上限を調べるためだったんですよ(^^ゞ

で、まずは1速目・・

と、そのテスト結果を書く前にぃー

そのテストがてらツーリングに行った場所というのは、県内では有名な西海橋ですよ☆

P1000999 こっちは古い方の赤い橋です☆

P1001000  で、こっちが新しい方の青い橋☆

P1001001 お船が通るぅ~♪

P1001002 あんな低い所に灯台が(・o・)

P1001004  で、売店でちゃっかり鯛焼きくんを・・

買って、海に放流・・することなく胃袋へ収納(^v^)

この中身は芋あんです☆

美味しいーこれっ☆芋大好き人間にはたまらない味です^m^

職場の友のために数個買っておきましたよ、はい。

で、テストの結果ですけども(・o・)

直線道路でギヤ一速からスタートダッシュしてみました。

ブオオオォーン!

うぎゃぁーフル加速~!!

うっ!・・ん?!

7000回転まで回してもまだリミッターかからないじゃないか?!?!

バンディット250に乗ってた時は6000回転でリミッターが効いてたはずだが?!

やっぱレッドゾーンまで回さないといけないのか(・・?

うわっ!

レッドゾーン行ってないのに、7000の時点で軽く

時速が・・は、は、速っ!

ちょっと待て・・エンジン音うるさいってば(笑)

だ、大丈夫かエンジン?(笑)

ぶっ壊れないかな?(笑)

とまぁ、そんな調子で

結局まともなテストもできない状態でござんしたf(^_^;)

いつもはそんな回さないから、ちょっとエンジンのパワフルさに驚きながら

少しずつ回転を上げていくんですけど、

なぜか、アクセルを全部開けきれない・・怖くて。この臆病者めがぁ~(笑)

ちょっと考えが浅はかでしたねぇ(>_<)

あと、格好もツーリングに合わせた格好じゃなかったんで、もろに服がバタつくし、

それにヘルメットが役に立たなくて(^_^;)

ジェットヘルではいくらシールドがあるとはいえ、

下から風が入ってきてもろ顔に当たるし、風切り音はうるさいし、

これではテストどころではないと(笑)

フルフェイスヘルメットをやっぱり買わないといけないですね(-_-;)

なので用意が万全に整ってから、再度テストやり直しってことでー

しばらくお時間いただきますですm(__)m

2010年5月 1日 (土)

バイクGSF1200チューンナップ計画☆グランドブースター シルキィユニット番外編♪

スポンサードリンク

実はですね、今のGSF1200を中古で購入した時すでに、

あるチューンナップがほどこされていたのですよ(^^ゞ

その紹介をしてませんでしたので、とりあえず紹介しておきます。

P1000996

その名も「グランドブースター シルキーユニット」と言うそうな(・o・)

結論から言いますが、これをご存じの方もいるかもしれませんけど

ぶっちゃけ値が張る商品です。

ですので、愛車GSFの前オーナーさんも大金はたいて買ったんでしょうけど・・

あたくしは、この商品を扱っているホームページを拝見しましてね、

その性能の説明等を読めば読むほど

今取り付けている、「美波動」とまったく同じ効果があるキットではないかと

気付きまして(^^ゞ

つまり何を言いたいかというと、

断然安い美波動を買って取り付けた方がいいに決まってるじゃぁーん♪

ということですよ(^O^)

この「シルキーユニット」の説明によると

エンジン内部で金属同士の摩擦(シリンダーのピストン運動など)によって発生した静電気が、

ガソリンの中に溜まりこんでいるので、

そのままだと不完全燃焼を起こすらしいのですね。

なので取り付けることで燃費が改善するのは、その静電気を除去してあげて

不完全燃焼がなくなり、エンジン本来の性能が発揮されるからだというのが

その理由だ、とのことです。

なるほど、美波動もそれと同じことをしてくれているんだと

おかげで再認識できました♪

今は自作のアーシングと美波動で燃費改善できているので、

こちらのほうが低コストでチューンナップできる

優れたアイテムであることは間違いないと思ってますー(^O^)

スポンサードリンク

フォトアルバム

いらっしゃいませぇっ

  • 只今~

     名様の

    のお見えでぇ~す♪

    御来客の皆さま

    どーぞゆっくりとご閲覧ください^^

バイク関連キーワード検索用

  • カスタム検索

ブログ内キーワード検索用

  • カスタム検索

ぷちセコム中☆

楽天市場

バイク関連アイテム